無成分の水

2018/02/07

 

ここ五年ほど飲み水は、この蒸留水器で作ったものを飲んでいる。

 

「水道水をヒーターで熱して蒸気にし、それを冷却ファンで冷やして集めた水」が蒸留水。

 

蒸気になる過程でカルキなどの不純物を除去し、本体底にカタマリとして蓄積されていく。

水の沸点は100°でカルキなどの不純物の沸点は100°以上がほとんどなのでその差を利用して蒸留する。

 

作りもシンプルでフィルターも無い。

実はこれが大事で、途中にフィルターがあると不純物がフィルターに蓄積していくので定期的なフィルター交換が必要となるがコレは、本体の底に固くたまった不純物のカタマリを定期的に剥(は)がすだけ(これが楽しい)

 

吸収率が高いのか、これを飲むようになってからトイレが近くなった。

体内循環がとても良くなったのは実感している。

逆に言えば吸収率が高いがゆえに蒸留水だけ飲む時は、身体に負担がかかるのではないか?という事である。ガブ飲みはやめた方が良さそうだ。

夏場など汗をかく時は、塩分(オススメは海塩)を摂るのも大事だと思う。

 

そのまま飲んでも良し、コーヒーなどを淹れても良しの逸品。

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

にゃんこiMessageステッカー27,000ダウンロード達成!

November 8, 2018

1/1
Please reload

最新記事

November 27, 2018

Please reload

アーカイブ